畳表替えは、中国産が安い?

畳表替え業者

畳を綺麗にしたいとき行う作業が表替えです。これは畳の表面部分のござを新しいものに取り替える作業となっています。作業を行なうときは畳を張り替えてくれる業者を利用するのが一般的です。業者では張替え用に素材を沢山用意しているので予算に合わせて選択できるのがメリットとなっています。ござに関しては国産と中国産に分かれているので知っておくといいでしょう。国産のものは高品質ですが販売価格が少し高めになっているのが特徴です。中国産は中国製のものなので大幅にコストが抑えられているのがメリットといえます。販売価格ですがい草だと国産では5000円くらいから8000円ほどで購入できるものが多いです。アパートやマンションでは定番となっています。

 

一方国産の商品は金額幅が多く安いものでも8000円から10000円ほどです。高級品になると更に金額が上がるので予算と相談するのが良いでしょう。また販売価格はお店により若干違いがあります。国産の極上品だと熊本産の物が多くブランドとして販売されているのが特徴です。値段は表替えでも20000円以上、新調だと25000円以上の金額となっています。

 

中国産も松竹梅にランク分けされ松が一番高級な商品です。それでも5000円程度の金額で新調だと10000円くらいで購入できます。梅はかなりやすい超特価品で4000円くらいから販売されているものがほとんどです。上記の金額は畳単体の値段なので他にも施工料金が発生します。安く施工をしてもらいときは中国産の畳を扱うお店を紹介するサイトを使うのが良いでしょう。複数のお店を比較する事ができるので予算に合う業者をすぐに見つけることができます。そのまま各業者にアクセスして依頼ができるので面倒な手間もかからないのがネックです。頻繁に畳を変える人はコスト面で特化する中国産がおすすめと言えます。短いサイクルで変えても国産より安価なので重宝するでしょう。

畳の張替え、修理を依頼する際の3つのポイント

畳表替え依頼

畳は日本の心であり、和室には欠かせません。通気性と保湿性に優れた良質な素材です。畳素材からは人の気持ちを癒す香りが漂っており、多忙な日々で荒んだ心身をリラックスさせます。和室の方が落ち着ける、畳の部屋の方が安眠出来る、これは単純な思い込みではなく、井草が持つ成分によるメリットだったのです。ただ和室の畳は汚れやダメージに強くありません。子供がうっかりとオレンジジュースをこぼしてしまったり、自分がブラックコーヒーを同じくうっかりこぼしてしまったりすれば、表面に色と匂いが付いてしまいます。牛乳やビールなどであればより一層ダメージが深刻です。他にもいたずら好きな子供がクレヨンや油性マーカーで畳に落書きをしたり、愛犬や愛猫が畳の上で粗相をしてしまえば、修理や張替えが必要となるでしょう。

 

張替えや修理を依頼する際に意識したいポイントは3つあります。最初のポイントですが、評判の良い専門業者を探す事です。色々な専門店がありますが、その品質はピンキリです。評判が良い専門店を選べば安心安全ですし、反対に目先の安さに飛びついて評判が良くない専門店に依頼してしまうと仕上がりがイマイチになりかねません。次のポイントですが、まずは見積もりをネットや電話で出すのが大事です。いきなり費用を正しく吟味せず本契約をすると後でトラブルになりやすいです。また評判が良い専門店を数店舗まで絞り込めた場合でも最終的な決断が下せない場合があるでしょう。そんな時は合理的に見積もりの結果を受けて、最もお得なところにすれば万事OKです。

 

最後の要確認ポイントですが、畳をせっかく交換したり修理するのであれば、昔ながらの素材ではなく汚れや痛みに強い新素材に交換してみるのもオススメです。風合いは昔ながらのまま、それでいて汚れや痛みに強い物に交換すれば、仮に子供やペットが畳を再び汚してしまう事があったとしても、ダメージを大幅に軽減でき、張替えのリスクを避けられます。

畳表替えの相場

畳表替え相場

畳表は使用にともない劣化していくため、定期的な表替えが必要になります。一方で、畳表替えサービスを提供している会社は多くあり、費用と工事代などは上下しているのが特徴です。また、使用している畳のグレードによっても相場が変わってくるため、表替えを依頼する際には事前にチェックしておくと良いでしょう。畳自体のグレードも関係しており、下級品が一枚約6000円、中級品は一枚約8000円、そして上級品は一枚約12000円という値段設定がされています。畳を敷いたあとに現在使用しているもののグレードが分からなくなるケースが多いため、一枚あたりの値段を覚えておくと表替えなどを依頼するときに事がスムーズになります。

 

そして、畳の表替えの一般的な相場としては、最上級のものが一畳あたり約12000円。一般向けのものが約8000円から10000円程度とされており、お手頃価格なグレードのものでは基本的に7000円前後というのが全体的な相場になっています。また、この値段に加えて、縁の布も同時に取り替えを行うため、業者によっては上記の相場に加えて布の取り替え料が加算される場合があることも考慮に入れておくと良いでしょう。ただし、基本的には縁の布の取り替えは料金に含まれているケースが多くなっています。

 

また、オリジナルのものであったり、品質がさらに良いものであったりする場合においては、一般的な相場よりも多少高額になる可能性もあるため事前の下調べが必要です。近年人気となっている縁が無いタイプの表替えの場合は通常のタイプよりも割高になることがあり、一般的なグレードのもので約10000円からというのが相場となっています。このように、品質やタイプ、そして使用されている材質、そして業者によって金額が上下しやすいというのが特徴で、利用者が現在使用している畳がどのような品質のものなのかということを事前に把握しておくことが大切になります。

畳表替えをDIY

畳表替えDIY

畳は日常生活で座ったり歩いたりしているとその負荷により畳の表面が擦り切れてくるとともに、日光が当たっていると焼けてきて色がだんだん黄ばんでくるという特徴があります。このような畳表は一定期間を経過した際には張り替えるのが畳そのものを長持ちさせるためには必要なメンテナンスとなります。その際に行われるのが表替えす。畳の表替えとは、表面のゴザを新しい畳表に張り替えるという行為を行うことです。業者にお願いするというのが一般的ではあるのですが、diyで自分で行うことも可能なのでその手順を見ていきましょう。

 

まず、既存の表をはがす作業から始めます。縁のところに糸で固定されているのでその糸をカッターで切っていく作業から始めます。既存の床に付着している糸をすべて切り取って既存の表を外します。その後、既存の畳床をしっかりと伸ばし、その上に新しい表を置き、しっかりと四方を伸ばします。しっかりのびきって、たるみがない状況になったならばその表を縁部分に金具で打ち付けて固定する作業を行います。この際には再度新しい表がたるんでいないかを確認しておかないと、これから先の作業を行ってもたるんだ表で仕上がってしまい歩いていてもぐにゃぐにゃするといった仕上がりになってしまうので注意が必要です。

 

表をしっかりと縁部分に打ち込んだならば、今度は縁の部材を縫い付ける作業を行います。縁となるデザインは様々なものがありますが、従来と同じような縁の部材を活用すれば問題ないでしょう。このようにして縁材をピンでとめていくという作業を行います。このように剥がす、四方を伸ばしてはりつけるという作業工程が必要となってくるので専用の機械を所有していれば自分一人でも行うことができるでしょうが、そうでない場合には2人以上が協力して行わないと特に、新しい表をたるみなくはるという作業はかなり難しいものがあります。ですので、diyで行うならば家族の協力等を得て行うとよいでしょう。

そもそも畳表替えとは?

畳表替え申込

畳のメカニズムのベースとして、芯材料の形での畳床そして表面ござ部位の畳表それからフチ部分の畳縁となります。こうした形作る素材でもっとも傷つきやすいのがゴザの部分になります。そして、利用年月によって、一定期間ごとのメンテナンスが要ります。表面のゴザ部分自体が擦り切れたり、或いは黒ずんだ汚い部分が全体を通してでてきた時に、床部分は手を加えないで、新品にチェンジする事を表替えといいます。表面のイグサが新しい品ともなれば、い草の心地よい香りが部屋にひろがります。

 

新着のイグサほど、部屋の空気の循環の効果が望め、健康的といえます。畳替えのお手入れの時期としましては、4年〜8年くらいが目安といわれています。裏返しを4年目行っていたら、トータルで8年目裏返しを行っていないケースで6年以上過ぎた場合は、表替えになってきます。しかしながら、心材に該当する床に至るまで交換しませんから、踏み心地はさほど変わらないということは気を付ける必要があります。上を歩行する時にへこむ間隔が見られる等は、表替えでも取り去れません。

 

新しく交換が求められます。判断につきましては、目途としては利用年数と関係しますが、部屋の利用状況により傷み方はさまざまあります。判断に関しましては一般人では困難と考えられます。やはり専門家に診ていただくのが安心といえます。表替えの施工額は、畳表のクォリティーのランクで決定されます。畳縁の材料に関する費用は、特注品を除いたほとんどで金額に影響はありません。畳表のクオリティは、産地が国産か中国産か、い草のクォリティーなどで値段差があります。ハイクオリティなほど小奇麗であり、擦り切れにタフであり、日焼けした場合に艶が見られる色合いに変わります。現在居住している状態に満足しているなら同一のランクを選択すると賢明でしょう。加えて店によりましてマチマチですが、1帖当たり1000円程の予算増でワンランク上の表替えができます。